ついつい掻きむしる辛さからの解放|アトピー肌や乾燥肌は上手な保湿ケアが重要視

美容

妊娠中の肉割れ対策とは

美容グッズ

肉割れが出来る原因

急激に体重が増加すると身体の太ももやふくらはぎ、お腹にひび割れのような線が入ります。これは、肉割れと呼ばれているもので1度出来ると消えません。同じように妊娠中にもお腹や太ももに枠割れと似た線が何本も入る事があります。このひび割れは妊娠中にできるので妊娠線といいます。妊娠して体重が増加したり、お腹が大きくなったりすると出てきます。妊娠線は見た目が良くないので避けたいところです。では、原因についてみていきましょう。人間の皮膚は上から表皮層、真皮層、皮下組織層が重なってできています。体重が増えると皮下組織にある脂肪が増えて皮膚が横に引っ張られるようになります。表皮層は柔らかく伸びるので問題は有りませんが、真皮層と皮下組織は柔軟性に欠けるため耐えられなくなり裂けてしまうのです。避けてしまうと妊娠線となって表面にあらわれてきます。

保湿が重要

妊娠線は全ての妊婦に出来るわけではありません。お腹が大きくなる前から対策することで妊娠線を避けることができます。体重の増加などの他に皮膚の乾燥が妊娠線を作りやすくします。皮膚の保湿を高めることが妊娠線の予防に繋がることから、近年では妊娠線予防のオイルやクリームなどが数多く販売されています。では、それぞれの特徴について説明します。どの商品も伸びが良いのですが、オイルは塗ったあとにべたつく感じがあります。べたつきが苦手な方はクリームがお勧めです。妊娠線が出やすいお腹や太ももに優しく塗り込んでいきましょう。強いマッサージはお腹の赤ちゃんに影響が出る場合がありますから避けるようにして下さい。クリームを塗るタイミングとしてはお風呂の後や寝る前、起きてからが良いようです。クリームは出来るだけ自然な成分を使った保湿効果が高いものを選ぶようにしましょう。クリームは妊活中から使い始めると妊娠線を予防する効果が高くなりますから早めに対策を行いましょう。